恋愛力の基本をもう1度確認しましょう

色気からオデコになり、オデコがオーラを放つ話になったところで、フェロモンとか色
気について念を押しておきたいことがあります。
それは色気とかフェロモンは恋愛を手助けする手段の一部であっても、恋愛の全てでは
ないということです。
ここを誤解する人がいますから「私は色気がないからダメだ」と悩んだり、いかにして
色気を出すかにとらわれ、夢中になったりします。

世の中で一般的に言われる「色気」とか「フェロモン」といった内容と、この本で述べ
る「色気」「フェロモン」は全く別だと思ってください。色気やフェロモンを出す一般論
に耳を傾けていれば、水商売ふうならいいのか、ということになってしまいます。それよ
りも部屋の整理整頓のほうがずっと大事。

本当に整理整頓によって恋愛力の差が圧倒的に出ます。いかに部屋の環境を整えて素敵
な自分を演出するか。それに伴って色気もフェロモンも出てくるもの。恋愛の基本である
商品力、つまり自分力を高めるかは、ここにかかっています。
自分を高める事でで男性からお声がかかりやすくなります。

恋愛力の基本は「素敵な自分」を演出すること

相互リンク開く


現代社会の構造

人間ということばは、ひとということばとあいだということばからできています。つまり、人間ということばであらわされるわれわれが、ひととひととのあいだ、別のことばでいえば人間関係のうえになりたつ存在であることを、それはしめしているわけです。
この事実をいいあらわしていることばのひとつに、人間は社会的動物である、というのがあることはよくご存じのこととおもいますが、結婚も、それが人間によってなされるものである以上、それが人間社会において占める位置について理解することが先決の問題となります。
そのために、まず、社会が現代においてどういう椛造をもつものかを知らねばなりません。
第一に、むかしはとにかく、現代では全人類が国家を単位とする世界社会を形成していることを否定するひとはいないでしょう。国連の舞台では、各国家が、ちょうどひとりの人間がひとつの社会を構成しているのと同じような役割をになって動いています。
単位としての国家の、さらに下の次元には、それぞれの国家を構成しているいくつかの単位があります。これらの単位社会は、あるいは政治的な単位であったり、あるいは経済的な単位であったりします。政治的なそれは地方自治体などであり、経済的なそれは各産業組織の形で存在しています。それらの単位社会が、それぞれ何らかのかたちで関連し合っているだけでなく、多元的・多次元的描成をもっていることはいうまでもありません。
その椛成は複雑で、しかもつねに変動をともなうものですが、こうした単位社会を椛成する分子は、たいていのばあい最終的には個々の人間です。ここで注意しなければならないのは、この種の単位社会が、人間の歴史の始まりからつねに、その椛成分子が個々の人間であったわけではない、という点です。
たとえば、氏族制度下の社会にあっては、その椛成分子は個々の氏族でした。さらに、家父長家族制度下の社会においては、最終単位は、個々の家でした。こうした社会にあっては、個々の人間は氏族や家族のなかに消滅している存在でしかなかったのです。あらゆる政治的・経済的組織は、氏族あるいは家族を最終単位として椛成されていて、氏族や家族をはなれた個人は存在しないも同然でした。
現代社会においては、政治的には被選挙人も選挙人も独立した個人であり、経済的には自山な個人として職業の選択や労働に関して、何ものにも束縛されないことが原則となっているのに反して、近代以前の社会においては、そのような個人の存在は否定されていたのです。
社会の構成分子として、近代以前の社会に存在しなかった個々の人間をうかびあがらせたものが、近代産業の発達にともなう個人主義・自由主義などの思想であり、民主主義的な社会の実現であったことはいうまでもありません。
現代社会が、近代以来の社会変革の結果、個々の人間を構成分子とする多元的・多次元的社会椛造をもつことはわかった。しかしいったい、そうした現代社会のなかにあって、家族という社会単位はどのような位磁を占めるのか、という疑問がだされるにちがいありません。社会学群たちは、家族は社会の単位である、と明確に述べています。とすると、佃人を叩位椛成分子としてできあがっている現代社会と、分子たる個々人とのあいだに、どのようなかたちで家族という社会単位が存在するのか、ということが問題になったとしても当然であるといえましょう。
会話の中からその人の性格や望みなどを見つけられれば、ここ→結婚相談所 比較 で出会った人は自分にとってどんな人なのか、わかりそうですね。
ところで、この問題を追ってゆくまえに、ぜひ明確にしておく必要のあるもうひとつの問題かあります。それは、結幡について考えようとしているときに、なぜ家族だとか現代社会と家肱だとかを問題にしなければならないか、ということです。紡婚は一組の男女にかかわることで、古い家族制度などは問題にする必要がないのではないか、と考えるひともいるかもしれません。必要かあるかないか、まずその点をたしかめてから、話をすすめることにしましょう。


シワをなくす方法の王道は?

いくらオデコを出していればキレイなると言われても、シワだけはどうしようもない。
「私のオデコはシワが目立つ」なんて悩みのある人もいるでしょう。

確かにオデコにおける注意点といえば、シワかもしれません。
だったらシワが寄らないように気をつけます。
「そんなの無理」と感じる人がいるかもしれませんが、オデコの表面をいくら伸ばした
として、シワの予防にはなりません。パックなどの化粧品に頼るのも一時的な効果にすぎないもの。

そもそもシワが目立つというのは姿勢に原因があります。背骨をのばすとシワが目立たなくなります。
具体的には姿勢を常にチェックしたり、生活のスタイルを正すことです。
食事のときのかっこう、座っているときの形など、自分の日常をよく見つめてみれば、自然と直せます。
つまり生活改善が魅力的なオデコを作り、モテにつながるわけです。

おまけに姿勢が正しくなると、
スタイルまでエレガントになりますし結婚相談所 選び方 で男性から引く手あまたになりますよ。

オデコにあなたの姿勢があらわれる


魅力的なオデコの作り方は?

オデコの意味がわかったとしまして、中にはひょっとして「オデコを出すくらいで」と疑問を抱く人もいるでしょう。
「あっ、そうなのか」と信じて実行出来るノリのよさが、モテる力を呼ぶのです。

でもオデコに自信がないと思いこんでいる人はどうすればいいでしょうか。

「私はオデコが汚いから」なんて思っていたとしても、とにかく出してみることです。
そうすれば自然といい顔になってきます。

また毎日オデコを出した顔を鏡でながめていれば、気になるポイントを直すようになるものです。
「ヘアスタイルを整えないのはよくないな」と感じ、しっかり手入れするようになる。
「眉毛がつながっているのはよくないな」と感じ、つながっている人は離すようなメイクをするようになる。
その積み重ねで、気がついたときには自分の外見をよく伝える力が備わり、あなたの顔はキラキラと輝いているはずです。

もともと汚いなんてことはなく、ほとんどがあなたの思い込みにすぎません。
積極性さえあればいくらでもキレイになりますし、出会い系 サクラいない での出会いの確率もグンと上がります。

輝くオデコにいい男は集まる


オーラを出すのはオデコから

オデコの話をしましょう。

女性にとって見た目は言うまでもなく、かなり重要な要素になります。容貌の魅力というのは、
男性へアピールする際に最大のポイントだからです。確かに美人であれば有利なのは事実ですが、
誰もが人気女優のように美貌を必要とするわけではありません。
あなた自身の魅力が輝いていればいいのです。
ただし顔から魅力を発散するには、どんな人にもあてはまるひとつの法則があって、それがいつもオデコを見せていることです。
女性の顔というのは、オデコからオーラを放ちます。そこを隠してしまうと、顔の「気」の流れが悪くなり、
相手はオーラを感じることが出来ないわけです。前髪をオデコの全面にたらす髪型は絶対におススメできません。

ちなみにアイドルを思い浮かべてみればわかると思いますが、人気のあるアイドルはみんなオデコを出しているでしょう?
オデコ自体が広い、狭いはそれほど関係ありません。比較的狭いオデコからでも相手には十分にオーラが伝わってきますから。

での人気者はオデコを出している


マネから始まる色気の身につけ方

色気の出し方についても考えてみましょう。
自分が1番好きな女優さんがいれば、その雰囲気をマネしてみるという方法があります。
もちろん自分とタイプが一致してピタリとはまる場合がありますが、たいていはしっくりいかず、
アンバランスな感じになるかもしれません。でも、それでいいのです。
まず大事なのは、色気を出そうと先へ進むこと。

とにかく先へ出てみないことには何も始まりません。たとえ間違っていてもやってみるべき。
周囲から「違うよ」と言われてもかまわないから。
最初のサインさえ出せば、あとは「違うよ」や、
自分なりの「違うな」に合わせて軌道修正されていきます。だんだんとあなたらしい色気が身についていくのです。
ただし外見の基本はあります。それはオデコを出すこと。
このオデコを出すが第1歩であり、そうしていればたいてい出会いがない 社会人 でモテます。この基本だけ守ってあとはマネでかまいません。
オデコを出すのは、恋愛にとって本当に重要な要素なのです。

オデコを出す勇気がモテる女への道